今日(1/26)の漢方相談 耳鳴り 聴力低下 耳が遠い 小太郎漢方の滋腎通耳湯

70代 ♀

「冬虫夏草」はないですか?と入って来られた方。

どういった症状にお使いになるのか聞いてみると、週刊誌で「耳鳴りに良い」と言う記事を見て飲んでみたくなったとの事。

実際飲んでみなくては、良くなるかどうかはわかりませんが、こちらも「冬虫夏草」のみで耳鳴りが効くとは思えません。

現在の症状は右耳が特に聞こえづらくかすかに聞こえる感じです。

このままではどんどんひどくなっていくようで怖いです。

結局は、足腰も悪く、体全体に老化を感じている様で、こういった「腎虚」を改善するには、神経を整える小太郎漢方の滋腎通耳湯が良いと思います。

」とは、腎臓だけでなく、泌尿生殖器系やホルモン系、免疫系などを幅広く示す

漢方用語です。

その「」の機能が低下した状態は「腎虚」と呼ばれ、気力や体力の低下と共に、

耳の症状(聴力低下、耳鳴りなど)が現われやすくなります。

「万病回春」と言う古い書物にも載っている小太郎漢方の滋腎通耳湯(じじんつうじとう)

その名前には老化、過労で衰えてしまった「」を「滋養」して「」を「通じ」易くする

と言う薬の働きが込められています。

         滋腎通耳湯(じじんつうじとう)

   90包 ¥10500+税

耳の異常は漢方では,腎の衰えととらえ,腎機能を高める漢方を用いて治療することが多いものです。

現代人の感覚からすると,腎は体に溜まった余分な水分を排泄する働き(機能)と考えがちですが

,漢方でいう腎はもっと広い意味を込めて理解しています。

生命活動の原動力を提供する臓器であり,生殖・成長・発育にかかわると考えられています。

したがって,この機能が衰えると老化が早まり,老化現象としての耳鳴り,聴力低下などの

耳の異常が発生すると考えます。

この考えに基づいて用いられるのが滋腎通耳湯エキス細粒G「コタロー」です。

   耳鳴りの相談は漢方薬の第一薬局へ

℡:04-7187-1463クリック メール:ebt@jcom.home.ne.jp

Follow me!

美人と健康人を作る 漢方薬の第一薬局

第一薬局では、2名の薬剤師がダイエットカウンセラー、生活習慣アドバイザー、サプリメントアドバイザーなどの資格を持ち、皆様の様々なお悩みにお答えしています。ダイエットや子宝の悩みを始め、漢方に関することなど何でもご相談ください。
まずは十分にカウンセリングをさせて頂いたうえで、お一人お一人に合った方法をアドバイスさせていただきます。お一人で悩まずに、まずは私たちにご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です