今日(4/20)の漢方相談 両足の神経痛? 筋肉痛? 小太郎漢方ソケーカンS

50代 ♀

4月になり、イスなどから立ち上がる時に太ももの付け根に近い外側で痛みがでる。

何も打った覚えもないし、両側なのでそのうち治るかと思っていたが、なかなか治らない。

家にあった痛み止めのロキソニンを飲んでいたが、やはり、時間がたつと痛みが出る。

週末からハワイに行くので、できるだけ早く治しておきたい。

整形外科では、張り薬とロキソニンだけなので心配。

季節的なものなのかわからないが、何か漢方薬で改善できればと思って相談に来店しました。

季節の変わり目は、気温差もあり、環境が変わりストレスなどもあり、体の不調を訴えてこられる方が多くなります。

血行を良くして冷えを改善してみようと小太郎漢方のソケーカンSをお薦めしました。

これから旅行に出かけられるこの方には、エコノミック症候群と呼ばれる血行不良にも予防薬として好都合ですね。

小太郎のソケーカンS

    168錠  ¥3800+税

神経、筋肉、関節に働きかけて血のめぐりを良くし、体の痛みを鎮めてくれる漢方薬です。

特に足腰が引きつるような痛みや刺すような痛み、寒いときや疲労したとき、お酒を飲みすぎたときに悪化するものに使います。

   効能・効果

腰痛、神経痛、関節痛、筋肉痛

ひざが痛い、腰がだるい、手足がしびれる‥‥体の痛みはとても不快なものです。

この痛みはいったいどこから来るのでしょう?

たとえば何らかの外傷や体の異常で細胞が犯されると、発痛物質(プロスタグランジン、プラジキニン)成るものが増え、それが神経を通じて大脳へ行きます。

そこで、痛みを感じるのです。

一般の痛み止めのお薬は、この神経伝達経路をブロックして痛みを感じないようにします。

それに対して漢方薬は「痛みが発生する根本の環境に働きかける」のが特徴です。

漢方では、寒邪、湿邪、風邪などが体に入り込んで、気血(エネルギーや血液)

の流れを妨げる為に局所が痛むと考えます。

その痛み方に対して何が原因と成っているのか判断していくのです。

  漢方薬の痛み止めは漢方薬の第一薬局へ

℡:04-7187-1463   メール:ebt@jcom.home.ne.jp

Follow me!

美人と健康人を作る 漢方薬の第一薬局

第一薬局では、2名の薬剤師がダイエットカウンセラー、生活習慣アドバイザー、サプリメントアドバイザーなどの資格を持ち、皆様の様々なお悩みにお答えしています。ダイエットや子宝の悩みを始め、漢方に関することなど何でもご相談ください。
まずは十分にカウンセリングをさせて頂いたうえで、お一人お一人に合った方法をアドバイスさせていただきます。お一人で悩まずに、まずは私たちにご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です